ビジネスメールコミュニケーション講座head

お客さまの声

日本高圧電気株式会社様

ロゴ
日本高圧電気株式会社
所在地 〒474-0053
愛知県大府市柊山町8丁目288番地
URL http://www.nkeco.co.jp/
研修名 ビジネスメール研修
研修内容 ・ビジネスメールの基本的なマナーやルール、書き方や送り方
・効率化
・文章作成時のポイント
受講人数 合計約100名
研修時期 1月、2月、3月、11月
研修時間 3時間(13時~16時)
対象者 ・社内業務でメールを使用している方
・新入社員
・中途社員
研修のゴール ・我流ではなくビジネスメールの基本ルール、基礎を身に付ける
・メール作成時および文章作成時のポイントを学ぶ

研修前の課題

社内で、世代間のメールコミュニケーションがうまくいっていないという課題があった。メールのスキルにも個人差があり、我流でメールを使い、失敗している者も見受けられた。文章が曖昧で要領を得ないメールも多かった。

研修を実施することで到達したいレベルやゴール

メールのスキルを標準化する。

ビジネスメールの研修を実施するに至った経緯

社内でメール教育の必要性が高まり、上司からも研修をする必要があると課題の提示があり、研修を実施するに至った。

アイ・コミュニケーション(一般社団法人日本ビジネスメール協会)へ依頼した決め手

ビジネスメールの専門教育機関であり、実際に受講して内容確認した結果、当社の要望に適していると判断した。

ビジネスメール研修を実施した感想

受講者のレポートからも、今まで不安であったが再確認できた、基本ルールが習得できた等、受講して有意義であり、すぐに今後の業務に活用できるとの内容ばかりであった。また、研修内容も一方通行ではなく、質問、受講者間での意見交換等があり、飽きさせない内容であった。

研修の導入効果

・単語登録を実践している人が多い
・テンプレートを活用している
・メールのやり取り回数が少なくなった

他の企業に本研修を薦めるとしたら、どのような言葉で薦めますか

ビジネスメールは見よう見まねで覚えた人が多く、正しいと思って使ってはいるが不安がある人、また、間違っていても正しいと思って使っている人もいます。このビジネスメール研修で正しい基本を学ぶことによって、メールに対して自信を持つことができるとともに、お客様に対しても失礼がなく、会社として信頼を得ることに繋がると思います。

 

※文中の情報は取材当時のものです

ページの先頭へ