ビジネスメールコミュニケーション講座head

アポイント変更をお願いするメールの文例

日程変更をお願いする場合は、相手の予定を狂わせてしまったことに対するお詫びを述べた上で、候補日を出すようにしましょう。日程調整だけで、何往復もメールが行き来するのは得策ではありません。 急な出張ならば許してもらえるかもしれませんが、大事なアポイントが入ったなどといってはいけません。そのクライアントの予定<別のクライアントの予定、と宣言してるようなものですからね。

○月○日アポイント変更のお願い

株式会社○○
◇◇◇◇様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の○○です。

先日はお忙しいところ、お時間を頂戴しまして
ありがとうございました。

次回のアポイントの変更をお願いしたく
メールを送らせていただきました。

○月○日(○曜)○時を予定していましたが、
急な出張が入ってしまいました。
誠に申し訳ございません。

以下のいずれかに変更をお願いできないでしょうか。

×月×日(×曜)×時~
×月○日(○曜)×時~
×月△日(△曜)終日

もし、これらの日程が難しければ、
◇◇様のご都合のいい日をお教えください。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.***.co.jp
Mail:◎◎@***.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ