ビジネスメールコミュニケーション講座head

商品の返却期限を超えた際の催促メールの文例

貸したものが、期日を過ぎてしまっても帰ってこない場合の催促です。相手が借りたこと自体を忘れてしまっている可能性もあります。いつ、どのような状況で貸したのか、すぐに思い出してもらえるようなヒントを入れましょう。いつまでに返してもらいたいかを明記し、返送先も添えることで、スムーズに返却してもらえるように工夫するといいでしょう。今後の関係性を保つためにも、感じ良く伝えたいものです。

【○○DVD】お役に立てましたでしょうか

株式会社○○
◇◇◇様

いつもお世話になっております
株式会社△△の○○です。

7月10日(水)のご来社時にお貸しした「○○DVD」ですが、
お役に立てましたでしょうか。

その際お話ししました通り、7月25日(水)の弊社営業会議にて
使用する予定です。

「24日(火)の正午」までに手元にあれば準備が間に合いますので、
返却のご手配をいただけましたら幸いです。

<送付先>
〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎 宛て

念のため、ご手配いただきましたら、
ご一報いただけますでしょうか。

お手数をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.***.co.jp
Mail:◎◎@***.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
成井恵美

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ