ビジネスメールコミュニケーション講座head

納期遅れの際に送る催促メールの文例

納期遅れを伝えるには、「いつ注文したのか」「いつ納品予定なのか」「いつの段階でどうなっているのか」など、現状がどうなっているのか整理して伝えましょう。初めの催促では、対応を促すレベルで。 こういったことが何度も続く場合は、もっと毅然とした態度で対応しましょう。

【至急】△△納期の確認

株式会社○○
◇◇◇◇様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の○○太郎です。

○月○日に注文しました「△△」についてご連絡いたします。
○月○日が納品日の予定でしたが、
本日、○月○日になっても、まだこちらに届いておりません。

今回の遅延につきまして、ご連絡もいただいていないので
弊社としましては大変、困惑しております。

弊社の在庫も少なくなってきており、
販売に支障をきたしかねません。

至急、お調べいただき、いつ納品が可能かを
ご連絡いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。
----------------------------------------------------
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.***.co.jp
Mail:◎◎@***.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ