ビジネスメールコミュニケーション講座head

見積もりの作成を催促するメールの文例

このメールが届く前に、お見積り書が送られている可能性もあります。そのため、最後に一文「なお、本メールと行き違いになっている場合は、なにとぞご容赦ください」と気遣いの一文を入れましょう。

お見積書送付のお願い

株式会社○○
◇◇◇◇様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の○○です。

○月○日にお話をさせていただきました「○○○○」のご依頼の件で、
御社からのお見積もり書がまだ届いておりません。
念のためご確認のメールをさせていただきました。

社内会議で検討をさせていただきますので
恐れ入りますが、○月○日(○)までにご送付のほど
よろしくお願いいたします。

なお、本メールと行き違いになっている場合は
なにとぞご容赦ください。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------
株式会社△△
◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.example.co.jp
Mail:○○@example.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
小林裕典

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ