ビジネスメールコミュニケーション講座head

システム不具合の調査を依頼するメールの文例

不具合部分を箇条書きなどでわかりやすく書きます。 また、こちらで解消日時の指定をすることは難しいですが 業務に支障が出る部分なので、いつまでに不具合部分が解消するかを 何時までに教えてほしいと伝えることで事態の緊急具合を伝えます。 また、その際に不具合が出るとどういう結果になるのか、ということを 伝えることもベターです。

システム不具合の調査依頼

システム部
鈴木さん

お疲れ様です。営業部の山田です。

受注システムが、9月5日(月)15時頃から不具合を起こしています。
お手数ですが、調査をお願いできますでしょうか。

不具合項目は以下の2点です。
---------------
(1)受注入力画面で「発注書印刷」のボタンが使えない

(2)受注入力で「納品区分・納品先・希望納期・回収区分」を空白にすると
登録時にエラーが出る
---------------

現在、受注処理ができない状態です。
お客さまへの発送に時間がかかり、クレームにつながる可能性があります。

以上2点について、解消までにどのくらい時間がかかりそうか
本日の17時までに、ご連絡いただけますでしょうか。

よろしくお願いいたします。

------------------------------------
営業部
山田太郎
yamada@example.com
内線番号:1234
------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
小林裕典(JBMA認定講師)

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ