ビジネスメールコミュニケーション講座head

不在期間をお知らせするメールの文例

もし病による不在の場合は、病名、病状はあまり詳しく伝える必要はありません。不在中、誰がカバーするのかは必須情報です。復帰予定日が予め分かっている場合は、現状の見込みであっても、伝えておくと親切です。

不在のお知らせ【6/17(月)~6/28(金)】

株式会社○○
◇◇◇様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の○○です。

私事で恐縮ですが、今月の後半に入院することになりました。
医者から、7月1日(月)からは、
問題なく職務に復帰できるといわれておりますので、
どうぞご心配はなさらないでください。

私の不在期間は、弊社の○○がご担当させていただきますので、
ご案内申し上げます。

----------------------------------------------------
不在期間:6月17日(月)~6月28日(金)

連絡先:○○□□子
Mail:◎◎-1@***.co.jp
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
----------------------------------------------------

6月14日(金)までは通常勤務ですので、この日までは、
引き続き私にご連絡ください。

○○様にご迷惑をおかけすることのないよう、
十分配慮いたしますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.***.co.jp
Mail:◎◎@***.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
成井恵美

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ