ビジネスメールコミュニケーション講座head

セミナー講師を依頼する打診メールの文例(2)

まず前提として、講演の依頼をする場合には、先方の講演内容や最近の講演状況などについてきちんと把握しておく必要があります。 近い日程で講演があれば、聴きに行き、名刺交換などした後に依頼を出すのがベストです。 遠方などで、それができない場合に、メールでの依頼をすると良いでしょう。 打ち合わせの日程などは年月はもちろん、曜日・時間まできちんと提示しましょう。また、返信の期限もつけるようにしましょう。

講演のご依頼(◇◇◇◇セミナー)

株式会社○○
◇◇◇◇様

初めてご連絡をさせていただきます、
株式会社△△ ◎◎部 ◎◎太郎と申します。

先日、◇◇◇◇様の「○○○○セミナー」を拝聴いたしました。
大変分かりやすく、丁寧な講義で私を含め、他の参加者も
とても満足している様子が伺えました。

現在、当社でも「○○○○」のテーマでセミナーを企画しております。
つきましては、◇◇◇◇様に、ぜひ、ご登壇いただけないかと思い、
ご連絡をいたしました。

お忙しいところ大変恐れ入りますが、
一度、日程やテーマ、講師料などについて
ご相談させていただけないでしょうか。

以下の日程でご都合はいかがでしょうか。
御社にお伺いして詳細をご説明させていただきます。

◇◇年○月△日(火)14:00~16:00
◇◇年○月△日(木)14:00~16:00
◇◇年○月△日(金)15:00~18:00

○月△日(月)までにご連絡をいただけると助かります。

ご検討の程、よろしくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.***.co.jp
Mail:◎◎@***.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ