ビジネスメールコミュニケーション講座head

領収書の再送付を依頼するメールの文例

すでに発行済みの可能性も考えられるので、状況に応じて行き違いの可能性に触れたフレーズをそえるとよいでしょう。領収書が、いつまでに必要か、期限を明記するときは、「~~のため、○月○日(○曜日)までに必要」と、理由をそえると相手の理解をえやすくなります。

領収書送付のお願い

株式会社○○
◇◇◇◇様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の○○です。

先日は、△△をお送りいただき、ありがとうございました。
お手数ですが、領収書の発行をお願いいたします。

◆詳細
宛名:株式会社△△
金額:○○○○円
日付:○月○日

大変恐縮ですが、弊社の経理処理の都合で
×月×日(×)までに頂戴できると幸いです。

もし、こちらのメールと行き違いで
すでにご送付いただいていましたら
失礼をお許しください。

よろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------
株式会社△△ ◎◎部
○○太郎
住所:〒111-1111 東京都◎◎区◎◎町1-2-3
TEL:03-****-**** / FAX:03-****-****
URL:http://www.***.co.jp
Mail:◎◎@***.co.jp
----------------------------------------------------

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ