ビジネスメールコミュニケーション講座head

セミナー

開催セミナー一覧

ベーシック編

以降の開催予定はこちら

実践ライティング編

以降の開催予定はこちら

営業編

以降の開催予定はこちら

不動産営業編

以降の開催予定はこちら

ネットショップ担当者向け

以降の開催予定はこちら

ビジネスメール効率化

以降の開催予定はこちら

英文・ベーシック編

以降の開催予定はこちら

ビジネス文章力アップ講座

  • 2017年2月13日 (月) 14時00分~17時00分

    ビジネス文章力アップ講座
    開催地: 東京 講師:野村佳代 主催: 株式会社アイ・コミュニケーション
    協賛:一般社団法人日本ビジネスメール協会

  • 2017年3月25日 (土) 10時00分~13時00分

    ビジネス文章力アップ講座
    開催地: 東京 講師:野村佳代 主催: 株式会社アイ・コミュニケーション
    協賛:一般社団法人日本ビジネスメール協会

以降の開催予定はこちら

ビジネスマナー講座

以降の開催予定はこちら

あなたのメールマナーは大丈夫?

今は、仕事でメールを使わない日がない。これはあなたも実感しているでしょう。
メールは主要なコミュニケーションツールとなり、職種により幅はありますが、1日1~4時間程度使われています。
これだけ使われているメールですが、ルールやマナーは誰も教えてくれません。 そこに戸惑っている人が多くいるようです。
弊社の調査でもビジネスメールの研修を実施している企業は、全体の10%程度。 先輩社員が教えてくれるかもしれるかもしれませんが、そのルールはどこで覚えたものでしょうか? ほとんどが、自分でやってきた過去の体験の積み重ね。独自のルールであることが多いです。
企業の中で仕事をしていると、自社のルールが当たり前になってしまいます。
実際にこのような社内ルールが外部のメールにも適用されている会社があります!

  • メールには宛先は書かなくてもいい
  • 添付ファイルの容量は10MBまでならOK
  • メールの行数を減らすことがすばらしい
  • 敬称は「殿」しか使ってはいけない
  • 〇〇課長様のように役職の後に「様」を付けている
  • 挨拶は書かずに、いきなり本文に入る
  • 重要なメールには「重要度の設定」をする
  • 重要な箇所は、文字色を変えたり、下線を引いたりする

このルールの中には、明らかにおかしいものもありますが、中には「え?」と思ったものもあるかもしれません。
メールは受け手の印象がすべてを決めます。
しかも不快に思っていたとしても注意をしてくれるものではありません。
ある日気がついたら「担当を変えてほしい」「取引をやめましょう」と言われることもあるのです。

あなたの会社のルールや日常のコミュニケーションがずれていて、仕事を失っているとしたらそれは大きな損失です。
知らぬ間に相手に不快感を与えているとしたら大問題です。

ビジネスメールを学ぶべきかどうか、5つの質問にお答えください。

ここで、いくつか質問をしてみましょう。
もし、答えられないことが一つでもあるなら、今のあなたのメールは「危険」だといえます。

  • BCC入れるべき宛先をCCに入れてしまった。その結果、謝罪会見を開くことになった。
    その理由はわかりますか?
  • 「拝啓」~「敬具」などの挨拶を使ってはいけない理由はわかりますか?
  • あなたのライバルがメールだけで大口の受注をとっているようです。
    その理由として想定されるものはありますか?
  • 納期遅れのお詫びのメールを送ったら、激怒された。
    なぜ、相手が怒ったのかわかりますか?
  • 8MBのファイルを添付したら相手に激怒された。

ビジネスメールのルール・マナーを理解するとこれらの質問にすらすらと答えられるようになるでしょう。
そして、メールだけで仕事が円滑に進み、受注につながることもあるのです。

ビジネスメールコミュニケーション講座で手に入るのはこの9つ。

メールがあなたの印象を作ります。あなたの仕事の成果を決めることにもなります。
今回の講座を受講することによって次のような内容がわかります。

  1. 世の中の企業で使われているメールの一般常識
  2. お客様や取引先と円滑なコミュニケーションができます
  3. メールだけで仕事を獲得できることもあります
  4. お客様と強固な信頼関係を築くことができます
  5. 社外とのやりとりはもちろん、社内のやりとりにも活用できます
  6. 1年間で100時間は節約できます
  7. お客様の心をつかみ、あなたのファンにすることができます
  8. 情報の行き違いによる不要なトラブルを防ぎます
  9. 知らず知らずのうちに犯してしまいがちなミスを未然に防ぎます

1日でも早く学ぶことがあなたの時間を創出する

私は、1日400通のメールを読み、100通のメールを書いています。
1通あたりにかけられる時間は1~2分。
昔は、4~5分くらいかかっていましたが、効率を追及したところ同じクオリティで3倍のスピードになりました。
これだけで1日の処理時間が4時間くらい減った計算になります。

  • メールのせいで他の仕事が止まってしまう。
  • メールのせいで大切な仕事が上手くいかない。

そんなことを少しでも、私のセミナーで減らすことができればと思っています。
私の講座を受けていただくことで、迷うことが減るでしょう。
また、効率化についても学べるので、メールにかけている時間が激減するのです。
仮に1日15分短縮できたと想定しましょう。
労働日が250日なら1年間で75時間の短縮が可能です。
あなたはいつからメールを学びますか?
それとも一生今のままで続けますか?

ページの先頭へ