ビジネスメールコミュニケーション講座head

2016年7月28日 (木) 16時00分~18時00分

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)

ビジネスメールの専門講師が解説します

次のような方は、ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)を受講してください。
あなたのメールが劇的に変わることは間違いありません。

  • メールについて学んだことがない方
  • これから仕事でメールを使う方
  • メールを書くことに少しでも不安がある方
  • 自分のメールが正しいか心配な方
  • メールで失敗をしたことがある方
  • 一般的なメールのルール、基礎を把握したい方
  • メールに1日1時間以上費やしていて、時間を削減したい方
  • メールの基礎をしっかり身に着けたい方

7個のメリットが凝縮

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)を受講することで、次のような効果が期待できます。 トラブルを防ぐだけでなく、円滑なコミュニケーションをとり、さらなる信頼関係を築くことができるようになります。

  • 我流メールは危険!ビジネスメールの基礎が身に付く
  • メール、電話、対面など手段の正しい使い分けができるように
  • 知らず知らずのうちに犯してしまいがちなミスを未然に防ぐ
  • メールで正しく伝えることができるようになり行き違いやトラブルを防ぐ
  • お客さまと円滑なコミュニケーションがとれるようになる
  • 迷うことが減り、すぐに返事が書けるようになる
  • メールを処理する時間、書く時間を短縮

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)の内容

本講座では次のようなことが習得できます!

第1部 ここだけは押さえておきたい!メールの基本ルール・マナー

仕事で使うメールの基本的なマナー、守るべきルールを解説します。
世間一般で好まれるメールの基本的な型を知り、メールの基礎を身につけます。
型を知ることで、穴埋め式でメールが書けるようになります。

本セミナーでお伝えする内容
  • メールを学ぶべき3つの理由
  • メールのよくある失敗
  • メールで相手を不快にさせる要素
  • コミュニケーション手段としてのメールの特徴
  • メールと電話、対面など他の手段の使い分け方
  • 件名の付け方
  • 送信者名(差出人)の付け方
  • 宛先(TO、CC、BCC)の違いと使い方
  • ビジネスメールの基本の型
  • 宛名の書き方
  • 名乗りの書き方
  • 要旨の書き方
  • 詳細の書き方
  • 結びの挨拶の書き方
  • 署名の書き方
  • 分かりやすい文章の書き方
  • 読みやすい本文を書くための5つのポイント
  • 添付ファイルのマナー
  • 重要度、開封確認通知要求の扱い
  • 返信のマナー、書き方
  • 全文引用、部分引用の特徴と使い方
  • 転送のマナー、書き方

第2部 用件をきちんと伝えられるように 心遣いとライティングテクニック

良いメールには心遣いが必要不可欠です。
好印象を与え、良好な人間関係を構築し、誤解や行き違いをなくし
仕事を円滑に進めるメール文章を解説します。

  • 事例に学ぶ心遣いのあるメールとは?
  • 相手からの返信率を上げる書き方
  • 相手との距離を縮める書き方
  • 顔文字、!?等の使い方
  • メールで誤解を招く文章の特徴
  • メールで印象の良い文章の特徴
  • メールの返信期限
  • シチュエーション別メールの書き方
  • お詫びメールの書き方
  • お断りメールの書き方
  • 催促メールの書き方
  • すぐに使えるフレーズ集
  • ビジネスメール禁句集

第3部 効率化とスピードアップの技術

メールを効率よく使い、生産性を向上する方法を解説します。
メールを書く時間が劇的に改善するスピードアップの技法が学べます。

  • メールを処理する時間はいつがいいのか?
  • やりとりにかかる時間を短くする方法
  • 返信スピードをアップするテクニック
  • 組織の送受信通数を減らす方法
  • 入力速度をアップする方法
  • テンプレート(ひな形)の作り方
  • メールのフォルダ管理方法

まとめ・質疑応答

受講者全員に、もれなく次の資料をプレゼント!

講座レジュメ1冊(約40ページ)

丁寧に作られているので理解が深まりました!」と受講者から好評のレジュメ。実際の配布資料は2色印刷です。

講座レジュメ(1冊 約40ページ)

ビジネスメール実態調査最新版

テレビ、新聞、雑誌などで多数取り上げていただいている「ビジネスメール実態調査」の最新版をプレゼント!
ビジネスメールの利用状況と実態がわかる調査レポートです。

ビジネスメール実態調査 最新版

受講者の声

メールについての標準的な指針がわかったこと。最初に説明されているように、これまでメールについて指導を受けることもなく、自分なりに考え、または受信したメールを参考にして、より良いものを目指してきました。 しかし結局これでいいのかと不安をもち、問い合わせの返信など時間がかかっていました。今日のセミナーの内容でますます自信をもって生かしていけると思います。
(学校法人大原学園 総務部 安藤満徳様)


普段から利用しているメールなのにたった1つ心がけを行うことで印象がかなり変わることがよく分かりました。自社でも展開していきたいと思います。ルール化を行い、メールでのコミュニケーションでのトラブルや障害を発生させないようにしていきたいと思います。またテンプレートなど有効に使えるところは積極的に活用して自社内、部署内で展開したいと思います。
(稲畑産業株式会社 情報システム室 山本浩司様)


なかなか教えてもらえないと知らないメールの基本がよく理解できた。(自分はそれなりに出来ていると思っていたがそうでなかった)
(ダイハツ工業株式会社 国内企画部 誉田勝様)


メールを送る際の姿勢や心構えを聞くことができて、大変参考になりました。私はメーカーの営業事務部門の現場責任者なので、すぐに現場に落とし込みをさせていただきます。
(匿名希望様 カスタマーセンター)

セミナー概要

日時
2016年7月28日(木)16時00分~18時00分(受付開始15時45分~)
講師
ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)
渡瀬恵津子
一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師

大学卒業後、航空会社に入社。 退社後、ビジネスマナー、コミュニケーションマナーの講師としてさまざまな業種の企業や組織、大学、学校において研修・講演を務めている。
従来からの電話や対面の応対はもちろん、メールにおいてもより良いコミュニケー ション力を身につけたいという要望や必要性を感じ一般社団法人日本ビジネス メール協会認定講師の資格を取得。
好きな言葉は「自他敬愛」。一人ひとりの個性や長所をいかし社会の中でいきいきと生きていく力を伸ばすこと、信頼されるビジネスパーソンの育成を目指している。

資格
◎PHP研究所認定ビジネスコーチ
◎HST認定ファシリテーター
◎日本キャリア開発協会認定キャリアデベロップメントアドバイザー
主催 株式会社アイ・コミュニケーション
会場
アイ・コミュニケーション
セミナールーム
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1キムラビルディング 5階

大きい地図で見る新規ウィンドウ
会場アクセス 都営新宿線「小川町駅」
東京メトロ丸の内線「淡路町駅」
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」
★3駅共通の【B7】出口をご利用いただくと徒歩1分です★ご案内の写真はこちらです★


JR「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩10分
JR「神田駅」西口から徒歩10分

◆羽田空港から(駅間所要時間40分~50分)
東京モノレール:浜松町→(JR山手線 東京方面)→東京駅→(東京メトロ丸の内線 池袋行)→淡路町駅

◆東京駅から(駅間所要時間3分)
(東京メトロ丸の内線 池袋行)→淡路町駅
定員 10名
受講料 1名 8,640円
2名 15,550円(10%OFF、1,730円引き)
3名 22,030円(15%OFF、3,890円引き)
4名 27,650円(20%OFF、6,910円引き)
5名 34,560円(20%OFF、8,640円引き)1名分の受講料が無料

※4名以上は、一律20%OFF
※表示価格は、いずれも税込み価格です
※割引クーポンとグループ割引は併用不可
講座チラシ・FAX申込書
ダウンロード
講座の概要・回覧用チラシ・FAX申込書は、こちらからダウンロードしていただけます。
セミナーのお申込みはこちら

注意事項

  • 会場での混乱を避けるために、事前のお振込みをお願いしております。
  • お申し込み後1週間以内にお振り込みください。
  • お申し込み完了後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします。
  • 注意事項をご確認のうえ、ご対応のほどをお願いいたします。
  • お申し込み後1週間以内のお振込みが難しい場合は、備考欄にお書きください。
  • 請求書、受講証明書の発行も承ります。

Q:振込みの領収書は発行されますか?

A:お振込時に金融機関などが発行する「ご利用明細」が正式の領収書(払込証明)として
ご利用いただけます。
(ネットバンキングによるオンライン振込みの際にも同様です)

そのため、弊社からあらためて領収書(払込証明)を発行することは行っておりません。
領収書(払込証明)が必要な方は「払込金受領証」を大切に保管してください。

Q:弊社の支払いサイトが「月末締め翌月末払い」のため、申込日から7日以内に振り込みが難しいのですが、対応していただけますか?
A:法人でのお申し込みの場合は、お支払い期日の変更を承ります。
(個人でのお申し込みの場合は、お支払い期限はお申し込み日から7日以内です)
備考欄に貴社支払いサイト((例)月末締め翌月末払い等)をご記入ください。

【記入例】支払期日変更希望:月末締め翌月末払い

グループ申し込み

グループ受講(複数人での受講)の場合は代表者の方が一括でお申し込みください。
お申し込み手順
  1. お申し込みフォームに代表者のお名前と必要事項をご記入ください。
    ※備考欄に、受講者全員のお名前・メールアドレスをお書きください。
  2. 弊社よりお申し込み確認メールをお送りいたします。
  3. お知らせした期日までに受講料をお支払いください。
  4. ご入金確認後、再度メールをお送りいたします。

※「お申し込みフォーム」での受付可能人数は10名です。
11名以上のお申し込みの場合は、お問い合わせください。

ページの先頭へ