ビジネスメールコミュニケーション講座head

2017年11月18日 (土) 10時00分~13時00分

伝わる!ビジネス文章力アップ講座

セミナーのお申込みはこちら
ビジネス文章力アップ講座02

一つでも当てはまる方はご受講ください

  • 文章が分かりにくいと言われたことがある
  • 文章で誤解を招いたことがある
  • 文章を書くのに時間がかかる

本講座で目指すゴール

  • 伝わる文章が書けるようになる
  • 迷わず、時間をかけずに書けるようになる
  • 文章での誤解やトラブルを防げるようになる

講座内容

第1部 読み手に「伝わる」文章を書こう

文章を書き始める前に考えておくべきポイントを解説します。

  • 「伝える」と「伝わる」の違い
  • ビジネスにおける文章の役割とは?
  • 文章を書くときの視点
  • 文章を書く手順
  • 相手との関係を見極める
  • 文章を書く目的を整理する
  • 文章の違和感
  • ビジネス文章力アップ講座
  • フレームワークとMECE
  • ロジックツリー
  • 6W3H
  • プロセス・時間
  • ビジネス文章の特徴
  • 長文の構成
  • 単文の構成
  • 段落について
  • 文書の手段の決め方

第2部 わかりやすい文章3つの鉄則

わかりやすい文章を書くための3つの鉄則を押さえます。

  • ビジネス文章3つの鉄則
  • 主語と述語について
  • 1文を短くするコツ
  • 箇条書きのポイント

第3部 スマートな文章を書こう

わかりやすくメリハリのある文章のコツを解説します。

  • 日本語の要素を考える
  • 助詞について考える
  • ビジネス文章力アップ講座02
  • 自然な語順とは?
  • 主語の「は」と「が」について
  • 主語の省略
  • 「です・ます体」と「である体」
  • 重ね言葉について
  • 話し言葉と書き言葉
  • 形容詞の注意点
  • 文章を修正するコツ
  • 文章が与える印象とは

第4部 説得力のある文章を書こう

要求を受け入れてもらう文章の書き方について解説します。

  • 説得力を持たせる文章のコツ
  • 誤解を招かないために
  • 修飾と被修飾
  • 漢字とひらがなの割合
  • 接続詞について
  • 依頼やお願いの文章
  • 敬語について
  • 「いただきすぎ」に注意
  • 「二重敬語」に注意
  • 「抜き言葉」「入れ言葉」「足す言葉」
  • 7つの文章上達方法

まとめ

質疑応答・アンケート記入

会場内で質問をお受けします。学びを深める時間としてご活用ください。


注意事項

  • 配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
  • 許可のない撮影・録音・録画などは禁止です
  • 受講者様のフィードバックを受けて随時改訂を行うため、サイト掲載の目次と比べ一部の内容に変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。

受講者の声

とても参考になりました。教えていただいた内容を社員に展開して正しい文章を書ける部署にしたいと思います。
(IT・ハイテク業 匿名希望様)


文章を書く仕事をしていて、新人に書き方を伝えていくことが必要になっているため、参考になりました。
(サービス業 M.G様)


敬語や言い回しなどに自信がないので、教えていただいたことを活用していきたいと思います。とても参考になり、かなり自分の課題が解決できました。少しづつ教えていただいたことを活かしていきたいです。
(製造業 匿名希望様)


文章をまとめることが苦手でしたが、ロジックツールやKJ法で文章の構成がうまく出来そうです。
(IT・ハイテク業 匿名希望様)

文章力アップセミナーの当日の写真

セミナー概要








※野村講師または直井講師のどちらか一名が担当いたします。
担当講師は予告なく変更になることがございます。ご了承ください。

日時
2017年11月18日(土)10時00分~13時00分(受付開始9時45分~)
講師
伝わる!ビジネス文章力アップ講座
野村佳代

一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師
公開講座での講演のほか、目黒区男女平等・共同参画センターでのセミナーを始め、自治体や企業研修などでの講演実績も多数。受講者の悩みに寄り添った具体的な事例と丁寧なアドバイスで理解が深まったという感想が多く寄せられる人気講師。広告代理店や出版社を経て、2005年に編集・ライターとして独立。2007年にアスラン編集スタジオを設立する。書籍・雑誌はもちろん、会社案内や広報誌・チラシ・ホームページなど、さまざまな媒体で1000回以上の取材・執筆経験を持つ。ライターとして経験を積むうち、「ビジネスでは作家のような美文よりも、わかりやすい文章が求められている」ことに気づき、「ビジネスパーソンに本当に必要な文章とは何か?」を追求するため、webサイト「ビジネス文章力研究所」を開設。メールマガジン「2分でわかる日本語力向上ドリル」を配信するなど、ビジネスパーソンに役立つ文章ノウハウの提供している。

◎出版実績
「その日本語、大人はカチンときます!」(青春文庫)
「会社づくりの現実とお役立ちポイント」(日本実業出版社)
◎メディア掲載実績
Insight(文章力は身につけられる!あなたの文章力をランクアップさせるポイントとコツ)
講師
ビジネス文章力アップ講座

直井章子

一般社団法人日本ビジネスメール協会
株式会社アイ・コミュニケーション

ビジネスメール教育の専門家。一般社団法人日本ビジネスメール協会にて、ビジネスメールの教育研修プログラムの開発、実態調査や検定試験に携わり、研修やセミナーでの講演、執筆など活動は多岐に渡る。「読売新聞」、「朝日新聞」、「日経WOMAN」、「日経ビジネスAssocie」など新聞・雑誌への掲載多数。日経BP社のITproで2010年からコラム「ビジネスメール事件簿」を連載中。ビジネスの現場でトラブルを引き起こしかねないメールについて解説している。

◎出版実績
『このフレーズが決め手! 伝わるモノの書き方のコツ』(ナツメ社)
『カリスマ講師に学ぶ!実践ビジネスメール教室』(日経BP社)
『ビジネスメールの常識・非常識』(日経BP社)
主催 株式会社アイ・コミュニケーション
協賛:一般社団法人日本ビジネスメール協会
会場
アイ・コミュニケーション
セミナールーム
(KIMURA BUILDING 5階)
東京都千代田区神田小川町2-1

大きい地図で見る新規ウィンドウ
会場アクセス 都営新宿線「小川町駅」徒歩1分
東京メトロ丸の内線「淡路町駅」徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩1分
※3駅共通の【B7】出口をご利用いただくと徒歩1分です★ご案内の写真はこちらです★


JR「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩10分
JR「神田駅」西口から徒歩10分

◆羽田空港から(駅間所要時間40分~50分)
東京モノレール:浜松町→(JR山手線 東京方面)→東京駅→(東京メトロ丸の内線 池袋行)→淡路町駅

◆東京駅から(駅間所要時間3分)
(東京メトロ丸の内線 池袋行)→淡路町駅

pdf_file【アクセスマップ】を印刷
定員 10名
受講料 1名¥12,960
2名¥25,920
3名¥38,880
4名¥51,840
5名¥51,840(20%OFF、12,960円引き)1名分の受講料が無料
6名¥62,200(20%OFF、15,560円引き)
7名¥72,570(20%OFF、18,150円引き)
8名¥82,940(20%OFF、20,740円引き)
9名¥93,310(20%OFF、23,330円引き)
10名¥103,680(20%OFF、26,000円引き)

※5名以上は、一律20%OFF
※表示価格は、いずれも税込み価格です
※割引クーポン利用は1名1回のみ
※割引の併用はできません(グループ割引/メルマガ読者割引など)
※自動返信メールではシステム上、定価表示のみとなりますが、割引適用となりますのでご安心ください。
講座チラシ・FAX申込書
ダウンロード
講座の概要・回覧用チラシ・FAX申込書は、こちらからダウンロードしていただけます。
セミナーのお申込みはこちら

注意事項

  • 会場での混乱を避けるために、事前のお振込みをお願いしております。
  • お申し込み後1週間以内にお振り込みください。
  • お申し込み完了後、自動返信メールにてお振込先をお知らせいたします。
  • 注意事項をご確認のうえ、ご対応のほどをお願いいたします。
  • お申し込み後1週間以内のお振込みが難しい場合は、備考欄にお書きください。
  • 請求書、受講証明書の発行も承ります。

Q:振込みの領収書は発行されますか?

A:お振込時に金融機関などが発行する「ご利用明細」が正式の領収書(払込証明)として
ご利用いただけます。
(ネットバンキングによるオンライン振込みの際にも同様です)

そのため、弊社からあらためて領収書(払込証明)を発行することは行っておりません。
領収書(払込証明)が必要な方は「払込金受領証」を大切に保管してください。

Q:弊社の支払いサイトが「月末締め翌月末払い」のため、申込日から7日以内に振り込みが難しいのですが、対応していただけますか?
A:法人でのお申し込みの場合は、お支払い期日の変更を承ります。
(個人でのお申し込みの場合は、お支払い期限はお申し込み日から7日以内です)
備考欄に貴社支払いサイト((例)月末締め翌月末払い等)をご記入ください。

【記入例】支払期日変更希望:月末締め翌月末払い

グループ申し込み

グループ受講(複数人での受講)の場合は代表者の方が一括でお手続きください。
申込手順
  1. 申込フォームに代表者のお名前と必要事項を記入(貴社)
    ※備考欄に、受講者全員のお名前・メールアドレスを記入すること
  2. 申込確認メールを送付(弊社→貴社)
  3. 期日までに指定口座へ振り込み(貴社→弊社)

※「お申し込みフォーム」での受付可能人数は10名です。
11名以上のお申し込みの場合は、お問い合わせください。

ページの先頭へ