ビジネスメールコミュニケーション講座head

7秒アンケート

メールなどの文章力が低下していると感じる

petit_201008

有効回答数
33名
調査期間
2010年8月2日~9月1日
はい 28名 85%
いいえ 5名 15%

メールなどの文章力が低下していると感じる人は約9割にのぼります。文章力の低下は業種業態、企業規模、職種を問わず懸念されている問題のようです。特に、若年層の文章力低下が顕著との報告も届いています。

文章力の低下で問題視されているケースは、論理的な文章が書けない人、学生時代に書き慣れた論文調の文章を書く人、語彙が幼稚で説得力に欠ける人など多岐にわたります。いずれも、情報を整理して言語化し、使用する媒体に適した文章が書けないこと。相手に情報を正しく伝える配慮と工夫に乏しいことなどが問題視されています。

仕事で使う情報媒体は、メール、FAX、ビジネス文書、報告書など多岐にわたり、それぞれの特性を理解して文章を書く力が求められます。「何が言いたいのかわからない」「報告書になっていない」など、仕事で求められる文章が書けないがために仕事上のコミュニケーションにも支障がでているケースが増えているようです。

 

ページの先頭へ