ビジネスメールコミュニケーション講座head

7秒アンケート

メールを返信するとき件名につく「Re:」の文字。あなたは何と読む?

petit_201102

有効回答数
74名
調査期間
2011年2月1日~2011年2月28日
65名 88%
9名 12%

メールを返信するとき件名につく「Re:」の文字。あなたは何と読みますか?

アンケートによると、「リ」と読む人が全体の88%、「レ」と読む人が12%という結果になりました。

受信したメールに返信をするとき、メールソフトや携帯電話の機種によっては自動的に、件名に「Re:」という文字がつきます。

返信を重ねると「Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:」と増えたり、「Re:5」のように返信の回数を示す数字が入ることもあります。

「Re:」は、メールの「返信」を意味する語であり、読み方が定義されていないため正確な発音は存在しません。

あえて発音されるときは「リ」もしくは「レ」と発音されます。

「Re:」の由来は「○○について」というラテン語の前置詞だとも言われ、「Re:○○とは」「あなたが書いた○○についてのメールです」という意味です。

「return(戻す)」「reply( 返信 )」「response(返答)」の省略形だという解釈も定着していて、これらも必ずしも間違いとは言えません。

「リ」と読む人は「return(戻す)」「reply( 返信 )」を想像し、「レ」と読む人は「response(返答)」を想像していると考えられます。

 

関連リンク

ページの先頭へ