ビジネスメールコミュニケーション講座head

相手からの返事がこない時の対処法

メ-ルを送ったけれど、相手からの返事がなかなかこないこともあります。
至急の場合や、期限のある仕事の場合には、必ずお返事の期限を明確にお願いしましょう。

今までたくさんのメールを見てきましたが、送信者と受信者には必ず温度差があります。
だからこそ、「返事が届かない」という事態が多く起こるのです。

仕事上のメールを送るときには、必ず期限を入れるようにしましょう。

それでも、出張や外出、休暇などで、メ-ルを見ていない場合もあるでしょう。
また、忙しくて返事が遅れている場合もあることでしょう。

そのような場合には、電話のほうが内容によっては簡単に、お返事いただける場合もあります。
“ご覧頂けましたでしょうか”と、確認をお願いするメールを送ってもよいでしょう。

この時、相手の方は忙しい為に、お返事が遅れている場合もあるのですから、

「もしかしたら届いていないのかと思い再送しました」
「お返事をいただいたかも知れませんが、確認できませんでしたのでご連絡致しました」

とメッセージ届けるのもテクニックの一つですね。

大事なのは、丁寧そして相手に不快に思われないメールです。

 

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ