ビジネスメールコミュニケーション講座head

迷惑メールを受信したときの対処法

迷惑メールは相手にしない

迷惑メールが届いても相手にしてはいけません

あなたが返事をすることが「メールアドレスの存在」を知らせることになるからです。
迷惑メールを送る人や会社は、自動的にメールアドレスを生成していて、たまたま、あなたのメールアドレスが合致して、メールを送っているだけかもしれません。

URLをクリックした瞬間に「登録が完了しました」と表示された後「利用料金が支払われていません」という悪質なメールが来るかもしれません。

URLにあなた固有のコードを入れることによって、あなたがクリックしたかどうかが分かります
身に覚えのないメールが届いても、一切相手にしてはいけません。

迷惑メールはゴミ箱に直行

迷惑メールを手動で削除するのは面倒ですし、ストレスもたまります。

オススメなのがフィルタリング機能(メールの仕分け機能)です。
ある固有の文字列が件名や本文に含まれていたら、ゴミ箱に直行させる。
ある特定のメールアドレスやドメインから配信されたメールは、ゴミ箱に直行させる。

このような設定をすることができます。
メールアドレスに関しては、あなたのメールアドレスを詐称して、あなたに送っている可能性もあります。

そのため、関係者のメールアドレスでないことを確認してから、設定をするようにしてください。

迷惑メール相談センター

一般財団法人日本データ通信協会が運営している「迷惑メール相談センター」のウェブサイトでは、迷惑メールやチェーンメールに関する膨大な資料を提供しています。
迷惑メールの対策についても紹介しています。

 

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ