ビジネスメールコミュニケーション講座head

研修

img_training01  img_training02

導入企業一覧(敬称略)

アイ・コミュニケーションおよび一般社団法人日本ビジネスメール協会のビジネスメール研修プログラムをご導入いただいた企業を一部ご紹介いたします。
導入企業一覧(順不同・敬称略)
味の素、アデコ、穴吹興産、アンリツ、アンリツエンジニアリング、イッツ・コミュニケーションズ、伊藤忠商事労働組合(東京支部)、INAX、茨城日立情報サービス労働組合、SMBCコンサルティング、エプソン販売、大府市雇用対策協議会、川崎汽船、兼六土地建物、三州食品、セキスイハイム不動産、全国IBMユーザー研究会連合会、宣伝会議、東京ガス、TOTO、トッパン エムアンドアイ、日本高圧電気、日本ドナルドソン、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会、博報堂DYメディアパートナーズ、パナソニック電工、パナソニック電工電路、みずほ総合研究所、三井住友海上火災保険、目黒区男女平等・共同参画センター、中小企業家同友会、ラジオ運行実務担当者連絡会、商工会議所、国土交通省、大分県、阿蘇市、八尾市、青山学院大学、嘉悦大学、明治大学、東海中学校・東海高等学校、他

パナソニック電工様の『シゴトダイエット』の一環で、1年間ビジネスメールにおける業務改善のアドバイスをさせていただきました。

関連記事はこちら

研修プログラムのご紹介

集合研修でビジネスメールを学ぶ「ビジネスメールコミュニケーション講座」シリーズ。ベーシック編、実践ライティング編、業務改善編、営業編、不動産営業編、英文・ベーシック編など多彩なラインナップを用意しています。日本語の文法や敬語をいちから学ぶ「ビジネス文章力アップ講座」や社会人として相応しい挨拶や身だしなみ、名刺交換や電話応対をロールプレイングを通じて学ぶ「ビジネスマナー講座」もあります。メールと電話、対面、声をかけるなど、相手と状況に応じたコミュニケーション手段の使い分けは重要なテーマです。メールから対面のコミュニケーションまで一貫したプログラムを学ぶことで相乗効果も期待できます。
ttl_training01
メールコミュニケーションの基礎が学べます。基本的なメールの型の理解、件名の付け方、宛名・挨拶・名乗り・要旨・詳細・結びの挨拶・署名の書き方、「お断り」「お詫び」「催促」などシチュエーション別のライティング、効率よくメールを処理しスピーディにメールを作成する時間短縮テクニックを解説します。多くの企業にご導入いただいているプログラムです。
ttl_training02
英文メールを初めて書く人でもよく分かる講座。英文メールの基本的な型を理解し、英文メール特有のライティングを学びます。英文メールをこれから書く人、すでに書いている人が対象です。
ttl_training03
メールの利用時間を20パーセントから30パーセント減少することを目標とした講座です。メールコミュニケーションの効率化、社内メールのルールを作成、パソコンスキルの向上などを通じて、年間100時間の削減効果も出ています。
ttl_training04
メールで営業する機会が増えた今、お客さまとメールでコミュニケーションをとることが増えました。メールでアポイントをとり、メールで提案し、お客さまからの質問にメールでこたえ、信頼関係を築いていきます。メールを使って問い合わせを増やしたり、メールで商品やサービスを紹介し、販売するなど、メールを活用した営業は、いまでは営業担当者に必須のスキルです。不動産、自動車、保険、メーカー、商社、IT、コンサルティングなど、さまざまな業界に支持されているプログラムです。
 
お問い合わせはこちら ビジネスメール研修について
img_training03 btn_training01
ビジネスメールの研修なら
img_training04
集合研修(講師派遣)や公開講座
メールを学んでコミュニケーション力をアップ!生産性を向上!メールが上手くなると電話や対面でのコミュニケーションも上手くなります。メールスキルはビジネススキルの基礎です。
btn_training02
ページの先頭へ