ビジネスメールコミュニケーション講座head

出張講座(不動産営業編)

  • 公開講座へ足を運ぶ時間がない
  • 講師に会社へきてもらい研修を行いたい
  • 少人数だけど講師を呼びたい

そのような声にお応えするのが出張講座(講師派遣)です。
指定の日時、会場で研修を行います。

定型プログラム「ビジネスメールコミュニケーション講座(不動産営業編)」の場合、受講人数は最大10名まで、講演料(講師派遣料)は一律216,000円(税込)です。

出張講座(講師派遣)ビジネスメールコミュニケーション講座(不動産営業編)

研修内容 定型プログラム「ビジネスメールコミュニケーション講座(不動産営業編)」
※カスタマイズなし
※通常の集合研修とは異なり事前の細かい打ち合わせはありません
研修日程 ご希望の日程をご指定ください
研修時間 3時間
※途中休憩1回(5分~10分)程度
※研修開始30分前に講師が会場入り
※研修終了後30分程度で撤収、アンケート収集など
会場 ご指定の会場
※日本全国どこでも対応可能
※会場をご用意ください
※会場にはスクリーン、プロジェクター、ホワイトボードをご準備ください
※講演用パソコンは講師が持参いたします
講師 一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師
※講師の指名はできません
配付資料 ・講座テキスト
費用 (1)講演料(講師派遣料):216,000円(税込)
※最大10名まで一律価格(10名以下でも金額は変わりません)
※11名以上、1名増えるごとに21,600円(税込)が追加となります

(2)交通費:実費
※講師の自宅もしくは日本ビジネスメール協会(東京千代田区)からの交通費が実費で必要
※研修時間によっては、宿泊費が実費で必要

費用には、テキスト代、テキスト郵送代が含まれております。

 

bmcombasic

お客さまからメールの返信がないとお悩みのあなたへ

不動産営業に求められる追客メールの書き方や送り方を学ぶ講座です

「ビジネスメールコミュニケーション講座(不動産営業編)」では、お客さまの心理を理解し、来店や成約につなげるメールの書き方、送り方を解説します。シチュエーション別のワークもあり、状況を読み解き、書く力を身に付けます。

次のような方はぜひ、ビジネスメールコミュニケーション講座(不動産営業編)を受講してください。

たった3時間の講座で不動産営業メールの基本を身に付けることができます。

  • ファーストメールの書き方が分からない
  • ファーストメールを送ってもなかなか返信がもらえない
  • セカンドメール以降のネタが思いつかない
  • メールで商談を前に進めたい
  • メールを一度も学んだことがない
  • 自分のメールに不安がある、自信がない
  • 追客メールのコツをつかみたい

極秘ノウハウのため、同業(研修会社、コンサルタント)の参加はお断りしております。
事前に許可を受けた方はその限りではございません。

 

たった3時間の講座に8個のメリットが凝縮

ビジネスメールコミュニケーション講座(不動産営業編)を受講することで、次のような効果が期待できます。
トラブルを防ぐだけでなく、円滑なコミュニケーションをとり、さらなる信頼関係を築くことができ、売上が上がるようになります。

  • 我流メールは危険!メールのプロから基本から学べます
  • メールで正しく伝えることができるようになります
  • メールでの誤解やトラブルを防げます
  • メールでお客さまと円滑なコミュニケーションがとれるようになります
  • お客さまが返事をしない理由が分かります
  • お客さまの条件を引き出すことができます
  • メールを送るタイミングと送るべき内容が分かります
  • 1年間で100時間程度の時間を節約、営業時間が確保できます

プログラム開発者・講師、平野友朗からのメッセージ


弊社では、ある年は1年間に50回以上、不動産業界向けにセミナーを開催してきました。売買物件(分譲地)を扱っているある企業では、毎月訪問してメールの指導をしています。賃貸物件を扱っている場合、ファーストコンタクトで相手のオーダーを正しくつかむことが大事です。短期決戦になるため、そのあとのアプローチ方法も変わります。一方、売買物件の場合は、成約までに時間がかかります。メールでのアプローチも営業プロセスを考えて、長期的に腰を据える必要があります。今まで数多くのメールを見てきましたが、メールが下手で損をしている人は多いです。本講座プログラムを開発するにあたり、多くのメールを分析しました。正直なところ、合格ラインに到達してるメールはほぼありません。裏を返すと、普通のメールが当たり前に書ける、タイミングを逃さずに送れる。それだけでも、売上に貢献するようになるでしょう。今回のセミナーでは、メールのテクニックだけでなく、営業マインドについても心理学的な説明を加えます。

講座内容

第1部 メールで成約率を上げる思考法

お客さまには、どのようなメールが好まれるのか。どのようなメールを送ればお客さまから返信がもらえるのか。事例とともに解説します。不動産営業でメールを送る目的を理解し、メールを効果的に活用するための土台となる考え方を身に付けます。

    • 不動産業界で見かけるダメメール集
    • なぜ、お客さまは返事をしようと思わないのか

  • 営業社員の思い込みが成果を落としている
  • 同時に問い合わせる業者数は●件
  • 業界でこのレベルまで行けば圧倒的に勝てる
  • 数千通のメールを分析して分かった必勝法
  • 覆面調査から気付いた、失敗メールの傾向
  • 営業ステップとメールの関係
  • メールで引き起こされるトラブル事例と対策

第2部 ファーストメールの極意(基本編)

ファーストコンタクトとしてメールを送る際に、知らなければ失敗する顧客心理や営業プロセスを解説します。仕事で使うメールの基本的なマナーや守るべきルール、世間一般で好まれる失礼のないメールの基本的な型をお伝えします。お客さま、一人一人にあったメールを書くのに押さえておきたいメールの基礎を解説します。

    • 好まれるファーストメールの型
    • 物件の空きがある場合のファーストメールとは

  • 物件の空きがない場合のファーストメールとは
  • 資料請求対応のファーストメールとは
  • あなたのメールが開封されない決定的な理由
  • お客さまが思わず開きたくなる件名とは
  • 一斉送信のときにつけるべき件名とは
  • 送信者名(差出人)の設定方法の秘密
  • 宛先(TO,CC,BCC)の間違いを理解する
  • 初めての相手にメールを送るときに外せないポイント
  • 知って得する!本文の型
  • 相手が読みたい!と一瞬で思う本文のレイアウトとは
  • 添付ファイルのマナー
  • お客さまがスマートフォンや携帯電話だったら
  • メールを過度に装飾してはいけない理由

第3部 セカンドメール・サードメールの極意(ライティング編)

お客さまに信頼していただくための、ワンランク上のメール術を解説します。どのような追客メールを送るべきか、どのように書けば返信がもらいやすいのか。豊富な事例をもとに解説します。お客さまの心理状態、テンションに合ったメールの書き分け方を解説します。

    • 気が利く営業マンだと思われるメールとは

  • 相手との距離を縮める結びの挨拶
  • 顔文字だらけのメールはつかっていいの?
  • お客さまの要望/条件をメールで引き出す方法
  • 交渉で負けないためにメールで書くべきこと
  • メールの返事はいつまでにすると好印象か
  • すぐに返信できない場合の対処方法
  • 気持ちのよい言い回し
  • お詫びのライティング
  • 無理難題の対処方法
  • 催促のライティング
  • 効果的なフレーズを一挙大公開
  • メールで使ってはいけない言葉
  • 好感を決める要素
  • お客さまとの根比べに勝つ方法
  • 効果のあるセカンドメール事例集(新規物件の公開)
  • 効果のあるセカンドメール事例集(環境面)
  • 効果のあるセカンドメール事例集(イベント)
  • 効果のあるセカンドメール事例集(天候)

第4部 効率化とスピードアップの技術

メールの処理をスピードアップし、短い時間で効果的なメールを書き、メールを整理して戦略的にアプローチする方法を解説します。

  • 相手が答えやすいメールを書くには
  • 効率的なコミュニケーションの取り方
  • 2つの単語登録で年間1日(9.7時間)節約する方法
  • テンプレートを活用して年間5日節約する方法

まとめ

質疑応答・アンケート記入

会場内で質問をお受けします。学びを深める時間としてご活用ください。

※講座内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください

注意事項

  • 配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
  • 許可のない撮影・録音・録画などは禁止です

 

お申し込み方法

(1)お申し込み 電話または問い合わせフォームより、お申し込み(お問い合わせ)ください。
(2)ヒアリング(詳細の確認) 担当者からメールまたは電話でご連絡いたします。
日時、会場、受講人数などの詳細を確認させていただきます。
(3)研修内容の確定 研修内容(日時・会場・人数など)を確定します。
(4)研修実施 確定した内容に従い、研修を実施します。
申し込み・問い合わせはこちら
img_training03
btn_training01
ページの先頭へ