ビジネスメールコミュニケーション講座head

出張講座(ベーシック編)

  • 公開講座へ足を運ぶ時間がない
  • 少人数だけど講師を呼びたい
  • 研修費を押さえて実施したい

そのような声にお応えするのが出張講座(講師派遣)です。
指定の日時、会場で研修を行います。

定型プログラム「ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)」の場合
受講人数は最大10名まで、講演料(講師派遣料)は一律86,400円(税込)です。

出張講座(講師派遣)ベーシック編

研修内容 定型プログラム「ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)」
※カスタマイズなし
※通常の集合研修とは異なり事前の打ち合わせはありません
研修日程 ご希望の日程をご指定ください
研修時間 2時間~3時間
※目的や希望に応じて2時間から3時間の間で企画可能
※途中休憩1回(5分~10分)程度
※研修開始30分前に講師が会場入り
※研修終了後30分程度で撤収、アンケート収集など
会場 ご指定の会場
※日本全国どこでも対応可能
※会場をご用意ください
※会場にはスクリーン、プロジェクター、ホワイトボードをご準備ください
※講演用パソコンは講師が持参いたします
講師 一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師
※講師の指名はできません
配付資料 ・講座レジュメ1冊(約40ページ)
・ビジネスメール実態調査最新版(約20ページ)
費用 (1)講演料(講師派遣料):86,400円(税込)
※最大10名まで一律価格(10名以下でも金額は変わりません)
※11名以上、1名増えるごとに8,640円(税込)が追加となります

(2)交通費:実費
※講師の自宅もしくは日本ビジネスメール協会(東京千代田区)からの交通費が実費で必要
※研修時間によっては、宿泊費が実費で必要

費用には、テキスト代、テキスト郵送代が含まれております。

お申し込み方法

(1)お申し込み 電話または問い合わせフォームより、お申し込み(お問い合わせ)ください。
(2)ヒアリング(詳細の確認) 担当者からメールまたは電話でご連絡いたします。
日時、会場、受講人数などの詳細を確認させていただきます。
(3)研修内容の確定 研修内容(日時・会場・人数など)を確定します。
(4)研修実施 確定した内容に従い、研修を実施します。
申し込み・問い合わせはこちら
img_training03
btn_training01

 

出張講座(講師派遣)でベーシック編を受講するメリット

  • ビジネスメールの基礎が身に付く
  • 自分のメールが正しいか確認することができる
  • ビジネスメールの講師から専門プログラムを学べる
  • 社員全員が同じ講座を受講するのでスキルを標準化できる
  • 受講者同士が共通認識を持ってメールを活用できるようになる
  • 組織全体のメール処理時間を短縮し、業務改善ができる
  • 移動時間や交通費などがかからず受講できる

講座の内容

本講座では次のようなことが習得できます!

第1部 ここだけは押さえておきたい!メールの基本ルール・マナー

ビジネスメールの基本的な型を知り、メールの基礎を習得します。

    • メールのメリット・デメリット
    • メールを使う前の5つのチェックポイント
    • メール処理の一般的な順序

  • 開かれる件名とは?件名の例
  • 送信者名(差出人)の表記、設定方法
  • 宛先(TO,CC,BCC)の違いとは?
  • CCを利用する際の記入例
  • ビジネスメールの本文の型について
  • 1.宛名
  • 2.挨拶
  • 3.名乗り
  • 4.要旨
  • 5.詳細
  • 一読で理解できる文章
  • 6.結びの挨拶
  • 7.署名
  • 読みやすい本文レイアウト
  • 添付ファイルのマナー
  • 重要度、開封確認通知要求、HTML形式メール
  • メールを返信する、引用の記入例
  • メールを転送する、転送するときの記入例

第2部 用件をきちんと伝えられるように 心遣いとライティングテクニック

ワークを交えて「この場合はどのように書いたらいいか」を考え、伝えたいことを印象よく、正しく伝える、仕事を円滑に進める文章の書き方を習得します。

    • 心遣いのあるメールとは?
    • 初めての相手にメールをする
    • 相手との距離を縮める結びの挨拶

  • 記号・表現を使い分ける
  • 誤解を招く曖昧な表現を書き換える
  • メールの返事はいつまでに?
  • すぐに返信できない場合は?
  • 気持ちのよい言い回しを考える
  • お詫びメールの書き方
  • お断りメールの書き方
  • 催促の表現を考える
  • 催促メールの書き方
  • 参考:効果的なフレーズ集
  • 参考:禁句集

第3部 効率化とスピードアップの技術

よいメールを速く書き、たくさんのメールを効率よく処理する方法を身に付けます。

    • メールを処理する時間を考える
    • 相手が答えやすいメールとは
    • 効率的なコミュニケーションとは

  • 返信スピードをアップする方法
  • 送受信通数を減らす方法
  • 入力速度をアップする方法
  • 単語登録の活用法、単語登録例
  • テンプレートの活用法、テンプレート例
  • メールのフォルダ管理方法

まとめ・質疑応答

配付資料

受講後も手元に置いて、いつでも見直せる充実したテキスト。

講座レジュメ1冊(約40ページ)

丁寧に作られているので理解が深まりました!」と受講者から好評のレジュメ。実際の配布資料は2色印刷です。
講座レジュメ(1冊 約40ページ)

ビジネスメール実態調査最新版

ビジネスメールの利用状況と実態が分かる調査レポートです。
ビジネスメール実態調査 最新版

 

申し込み・問い合わせはこちら
img_training03
btn_training01
ページの先頭へ