ビジネスメールコミュニケーション講座head

出張講座(クレーム対応)

  • 公開講座へ足を運ぶ時間がない
  • 講師に会社へきてもらい研修を行いたい
  • 少人数だけど講師を呼びたい

そのような声にお応えするのが出張講座(講師派遣)です。
指定の日時、会場で研修を行います。

定型プログラム「クレーム対応ビジネスメール講座」の場合、
受講人数は最大10名まで、講演料(講師派遣料)は一律216,000円(税込)です。

出張講座(講師派遣)クレーム対応ビジネスメール講座

研修内容 定型プログラム「クレーム対応ビジネスメール講座」
※カスタマイズなし
※通常の集合研修とは異なり事前の細かい打ち合わせはありません
研修日程 ご希望の日程をご指定ください
研修時間 3時間
※途中休憩1回(5分~10分)程度
※研修開始30分前に講師が会場入り
※研修終了後30分程度で撤収、アンケート収集など
会場 ご指定の会場
※日本全国どこでも対応可能
※会場をご用意ください
※会場にはスクリーン、プロジェクター、ホワイトボードをご準備ください
※講演用パソコンは講師が持参いたします
講師 一般社団法人日本ビジネスメール協会認定講師 小林裕典
配付資料 ・講座テキスト
費用 (1)講演料(講師派遣料):216,000円(税込)
※最大10名まで一律価格(10名以下でも金額は変わりません)
※11名以上、1名増えるごとに21,600円(税込)が追加となります

(2)交通費:実費
※講師の自宅もしくは日本ビジネスメール協会(東京千代田区)からの交通費が実費で必要
※研修時間によっては、宿泊費が実費で必要

費用には、テキスト代、テキスト郵送代が含まれております。

 

クレーム対応ビジネスメール講座

クレームを未然に防ぐ考え方
実際にクレームがきたときのメール対応を学ぶ
ビジネスメール講座です

本講座は、クレームを未然に防ぐ考え方、実際にクレームがきたときのメール対応を学ぶ講座です。
3時間で、あなたの悩みをスッキリ解決し顧客対応メール力をアップさせます。
さらなるスキルアップはもちろんのこと、これまでのメール対応の振り返りや確認の場としてもオススメです。
「こんな場合はどうすればいいの?」と疑問や課題、不安を抱えている方は、講師に直接ご質問ください。
講師がその場でお答えいたします。

受講対象者

  • クレーム対応メールの基礎を身に付けたい方
  • クレームにメールで対応できるようになりたい方
  • メールで顧客対応をしている方
  • 顧客対応メールの品質を向上したい方
  • 顧客対応メールでライバルに差を付けたい方

講座の特徴

本講座では、顧客心理を学ぶことにより、クレームを防き、リピーターを生み出すための顧客対応メールの基本、書き方や送り方を学びます。

シチュエーション別のワークもたくさんあり、状況を読み解いて、書く力を身に付けます。
ワークを通じて、受講者自身の思考・行動パターンを整理、改善点に気付くことができます。

意見交換や発表などを通じて他の受講者の考えも学べる実践的な講座です。
実際にその場で講師からフィードバックを受けることができるので、具体的な改善のヒントが手に入ります。

学んで終わりではなく講座が終わった次の日から取り組めるように、経験豊富な講師が丁寧に解説します。

本講座で目指すゴール

    クレーム対応ビジネスメール講座

  • クレーム対応メールの基礎が身に付く
  • クレーム対応メールが書けるようになる
  • 顧客対応メールの基本が身に付く
  • 顧客の心理を理解したメールが書けるようになる
  • 適切な状況判断、メール対応ができるようになる

講座内容

はじめに

  • クレームは起きる
  • メールの対応品質を向上させるべき理由
  • メール対応品質が顧客獲得を左右する
  • 講師が出会ったクレーム

第1部 クレーム対応のメールについて考えよう

  • 【ワーク】クレーム発生から対応完了までの流れを考える
  • ある日、クレームメールが届いたら、あなたはどう対応しますか?
  • 状況を整理する方法
  • クレーム対応の心構え
  • クレーム対応における手段の違い
  • メールを使う際の注意点
  • (こちらに非がある)お客さまにお詫びをするとき
  • お詫びライティングの基本
  • お詫びの文例
  • (こちらに非がない)お客さまにお詫びをするとき
  • クレーム対応メールを書く前に押さえておきたいポイント
  • 件名の付け方
  • ビジネスメール本文の型
  • 宛名の書き方
  • 挨拶の書き方
  • 名乗りの書き方
  • 要旨の書き方
  • 詳細の書き方
  • 結びの挨拶の書き方
  • 署名の付け方
  • クレーム対応メールを送るタイミング
  • クレームメールを減らしていく取り組み

第2部 ケーススタディ

シチュエーション別のクレームメールを題材に、どのように対応すればいいのか、どのようなメールを返信すればいいのか、ワークショップ形式で学びます。ワークを通じて、顧客対応メール、クレーム対応メールの書き方、送り方、誤解を招かない表現、印象のよい表現、役に立つフレーズを習得します。

  • 【ワーク】シチュエーション別のクレームメールを読み解く
  • クレーム対応で役立つ単語登録
  • 気を付けたい言い回し
  • いざというときに使えるテンプレートの作り方
  • テンプレート例(商品交換のご連絡)
  • テンプレートの保管方法
  • お客さまの声を、メールから読み解くには

まとめ

質疑応答・アンケート記入

会場内で質問をお受けします。学びを深める時間としてご活用ください。

※セミナーの内容や構成は予告なく一部変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください

注意事項

  • 配付資料の一部あるいは全部についてコピーなどの二次的使用は禁止です
  • 許可のない撮影・録音・録画などは禁止です

 

お申し込み方法

(1)お申し込み 電話または問い合わせフォームよりお問い合わせください。
(2)ヒアリング(詳細の確認) 担当者からメールまたは電話でご連絡いたします。
日時、会場、受講人数などの詳細を確認させていただきます。
(3)研修内容の確定 研修内容(日時・会場・人数など)を確定します。
(4)研修実施 確定した内容に従い、研修を実施します。
申し込み・問い合わせはこちら
img_training03
btn_training01
ページの先頭へ