ビジネスメールコミュニケーション講座head

その日本語、大人はカチンときます!

その日本語、大人はカチンときます!

サラリと「ちゃんとした言い方」でコミュニケーションを取れば、良好な人間関係を築くことができます。 本書は、間違えがちな言葉、特に相手にカチンとさせる言葉を「ちゃんとした言い方」に変換することを主眼にまとめました。 言葉を使うシチュエーションごとに分けていますので、「どう言えばいいか」と迷ったとき、すぐに適切な言葉を選べるはずです。

著者
ビジネス文章力研究所
出版社
青春出版社
頁数
192ページ
定価
650円+税
発行年月日
2016年3月10日
ISBNコード
978-4413096423

目次データ

CHAPTER1 依頼する

  1. CASE01 仕事を頼む
  2. CASE02 考えてもらう
  3. CASE03 交渉する
  4. COLUMN1 仕事の依頼は「心遣い」も一緒に
    1. CHAPTER2 催促する

      1. CASE01 経過を確認する
      2. CASE02 急がせる
      3. COLUMN2 催促する前には「目的」を明確にする

      CHAPTER3 あいづち・会話

      1. CASE01 話を促すあいづち
      2. CASE02 共感を示すあいづち
      3. CASE03 自慢話を聞くときのあいづち
      4. COLUMN3 敬語はまず「ウチ」と「ソト」を意識する

      CHAPTER4 話を切り出す

      1. CASE01 話題を振る
      2. CASE02 自分の話をする
      3. CASE03 前置きする
      4. CASE04 話の筋道をつける
      5. COLUMN4 「敬称」の使い方をマスターしよう

      CHAPTER5 OKする

      1. CASE01 仕事の依頼を受けるときの返事
      2. CASE02 誘いに応じる
      3. CASE03 難しい依頼を受ける
      4. COLUMN5 肯定的な言葉を使おう

      CHAPTER6 感謝する

      1. CASE01 相手の行為に感謝する
      2. CASE02 お世話してもらったことに感謝する
      3. CASE03 贔屓にしてもらったことに感謝する
      4. CASE04 褒められたことに感謝する
      5. CASE05 いただきものに感謝する
      6. CASE06 感動したときの感謝の表現
      7. COLUMN6 ハガキでお礼の気持ちを伝える

      CHAPTER7 いたわる・励ます

      1. CASE01 ねぎらうときの言葉
      2. CASE02 体をいたわる言葉
      3. CASE03 災難に見舞われた人への励ましの言葉
      4. CASE04 病気の相手を見舞う言葉
      5. CASE05 葬儀場での言葉
      6. CASE7 ビジネス文書の基本の型を知ろう

      CHAPTER8 褒める

      1. CASE01 仕事の成果を褒める
      2. CASE02 知識について褒める
      3. CASE03 経験を褒める
      4. CASE04 素質を褒める
      5. CASE05 人望の厚さを褒める
      6. CASE06 外見を褒める
      7. CASE07 性格を褒める
      8. COLUMN8 内容で言葉の使い方が変わるビジネスメール

      CHAPTER9 祝う

      1. CASE01 記念日を祝う
      2. CASE02 開店・開業・異動を祝う
      3. CASE03 結婚・出産を祝う
      4. COLUMN9 ビジネスメールの基本の型を知ろう

      CHAPTER10 質問する

      1. CASE01 確認する
      2. CASE02 問い合わせる
      3. CASE03 疑問を解決する
      4. CASE04 ニーズを探る
      5. COLUMN10 ビジネスでは「3段構成」で話す・書く

      CHAPTER11 相談する

      1. CASE01 教えを請う
      2. CASE02 意見を仰ぐ
      3. CASE03 協力を請う
      4. COLUMN11 「させていただく」の使いすぎに注意

      CHAPTER12 誘う

      1. CASE01 自社・自宅への誘い
        CASE02 宴席への誘い
        CASE03 イベント等への誘い
        COLUMN12 接待の宴席で使うお決まりフレーズ

      CHAPTER13 謝る

      1. CASE01 ミス・失敗を謝る
      2. CASE02 クレームに対して謝る
      3. CASE03 言動を取り消す
      4. CASE04 弁解する
      5. COLUMN13 数字で説得力を上げる

      CHAPTER14 断る

      1. CASE01 申し出を断る
      2. CASE02 辞退する
      3. CASE03 誘いを断る
      4. CASE04 先送りする
      5. COLUMN14 話を整理するフレームワーク

      CHAPTER15 指摘する

      1. CASE01 指摘する
      2. CASE02 反論する
      3. CASE03 抗議する
      4. COLUMN15 箇条書きは「マジカルナンバー7」を意識する

      CHAPTER16 あいさつ

      1. CASE01 初対面の相手へのあいさつ
      2. CASE02 よく会う相手へのあいさつ
      3. CASE03 久しぶりに会う相手へのあいさつ
      4. CASE04 時候・季節のあいさつ
      5. CASE05 別れのあいさつ
      6. CASE06 またすぐに会う相手への別れのあいさつ
      7. COLUMN16 「あいさつ」の大きな力

      CHAPTER17 電話する

      1. CASE01 受ける
      2. CASE02 かける
その日本語、大人はカチンときます!

その日本語、大人はカチンときます!

サラリと「ちゃんとした言い方」でコミュニケーションを取れば、良好な人間関係を築くことができます。 本書は、間違えがちな言葉、特に相手にカチンとさせる言葉を「ちゃんとした言い方」に変換することを主眼にまとめました。 言葉を使うシチュエーションごとに分けていますので、「どう言えばいいか」と迷ったとき、すぐに適切な言葉を選べるはずです。

ご購入はこちらから

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク