日本ビジネスメール協会のオンライン講座

不要なメールマガジンの配信を断るメールの文例(メルマガが不要になった)

ポイント
本来、メルマガを配信するのであれば登録者が簡単に解除できる仕組みにするべきです。しかし、個人で発行しているメルマガはBCCで一斉送信していて解除できない場合もあります。そうしたメルマガを解除するときは、メールを送って知らせるしかありません。業務の内容が変わったため今まで読んでいたメルマガが不要になるといったことはよくある話です。「解除してください」などと一言だけ送るよりも、しっかり理由を書いた方が相手もストレスがなく、印象もよいため、早く手続きをしてくれると予想されます。

メルマガ配信停止のお願い

株式会社●●●●
●●●●様

お世話になっております。
一般社団法人日本ビジネスメール協会の山田太郎です。

いつもメルマガ「●●」をお送りいただきまして、ありがとうございます。

これまでは業務に関係があるため、しっかりと読んでおりましたが、
現在は業務内容が大きく変わり読むことがほとんどなくなりました。

そこで、お手数をおかけしますが配信停止をお願いします。
また必要になったら登録したいと思います。

よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 山田 太郎(YAMADA Taro)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
電話 03-5577-3210 / FAX 03-5577-3238 / メール info@businessmail.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 https://businessmail.or.jp/
アイ・コミュニケーション公式サイト http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書 https://business-mail.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事