ビジネスメールコミュニケーション講座head

不要なメールマガジンの配信を断るメールの文例(メルマガが不要になった)

ポイント
本来メルマガを配信するのであれば、簡単に解除できる仕組みを入れるべきです。しかし、個人では出しているメルマガは、BCCで一斉送信するなど解除が出来ない場合もあります。その場合は、メールを送って知らせた方がよいでしょう。業務の内容が変わったために、今まで読んでいたメルマガが不要になるということはよくある話です。一言「解除してください」とだけ送るよりも、しっかり理由を書いた方が相手もストレスがありません。そのため、早く手続きをしてくれると予想されます。

メルマガ配信停止のお願い

株式会社●●●●
●●●●様

お世話になっております。
一般社団法人日本ビジネスメール協会の山田太郎です。

いつもメルマガ「●●」をお送りいただきまして
誠にありがとうございます。

今までは業務に関係があるため
しっかりと読んでおりました。

しかし、現在の業務内容が大きく変わることとなり
メルマガを読むことがほとんどなくなりました。

そこでお手数ではございますが、
配信を停止していただけたらと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 山田 太郎(YAMADA Taro)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
電話 03-5577-3210 / FAX 03-5577-3238 / メール info@businessmail.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 https://businessmail.or.jp/
アイ・コミュニケーション公式サイト http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書 https://business-mail.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク