ビジネスメールコミュニケーション講座head

アポイントの依頼をするメールの文例

ポイント
件名に、具体的な要件を盛り込んでおくと、相手も理解がしやすく、処理を速くしようと考えてもらえます。会えると分かっている場合は、メールの往復を最小限にするため、こちらから幅広く日時の選択肢を提示しましょう。日時を書くときには、日付と曜日をセットにし、時間を明記すると誤解がありません。また、月末・月初、期末など、相手が忙しい可能性の高い時期はなるべく避けるなど、相手に配慮しましょう。

ご面会のお願い(商品Aお見積もりについて)

株式会社●●●●
●●●●様

お世話になっております。
一般社団法人日本ビジネスメール協会の山田太郎です。

先日、ご依頼いただいた商品Aのお見積りがご用意できました。
お打ち合わせで伺ったご要望を反映し、特別割引を設けております。

詳細については、直接ご説明の機会を頂戴したく、
30分ほどお時間をいただけないでしょうか。

直近ですと以下の日程で伺うことが可能です。

<候補日時> 
・●月●日(火) 10:00-12:00
・●月●日(水) 13:00-17:00
・●月●日(木) 15:00-18:00
・●月●日(金) 10:00-14:00

●●様のご都合をお聞かせいただけると幸いです。

お忙しいところ誠に恐縮ですが、
ご検討よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 山田 太郎(YAMADA Taro)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
電話 03-5577-3210 / FAX 03-5577-3238 / メール info@businessmail.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 https://businessmail.or.jp/
アイ・コミュニケーション公式サイト http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書 https://business-mail.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

スポンサーリンク

space