日本ビジネスメール協会のオンライン講座

資料発送時の住所に記載漏れがある場合の確認メールの文例

ポイント
Zoomなどを活用したオンラインでのセミナーが増えました。そのセミナー資料を事前に送ることがあります。あるいは、資料を郵送するケースもあるでしょう。資料を送付しようとしたのに、住所の番地や建物名が未記入ということがあります。その場合資料が送れませんから、相手に住所を確認する必要があります。

セミナー資料発送先住所の確認

株式会社●●●●
●●●●様

お世話になっております。
一般社団法人日本ビジネスメール協会の山田太郎です。

この度は、「【オンライン】ビジネス文章力アップ講座」に
お申し込みいただきまして、誠にありがとうございます。

■お申し込みの講座情報
【オンライン】ビジネス文章力アップ講座
●年●月●日(●曜)●:●●-●:●●
1名 ●●,●●●円(税込)

こちらの資料の送付準備をしていたのですが
ご登録いただいた住所が以下となっており、
番地やビル・建物名の情報がありませんでした。

=====================
〒●●●-●●●●
東京都●●市●●町
株式会社●●●●
●●●●様
=====================

お手数ですが、ご住所の番地以降の情報を知らせください。
ご入金をいただき、住所が確認でき次第資料をお送りします。

それでは、ご確認よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 山田 太郎(YAMADA Taro)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
電話 03-5577-3210 / FAX 03-5577-3238 / メール info@businessmail.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 https://businessmail.or.jp/
アイ・コミュニケーション公式サイト http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書 https://business-mail.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事