ビジネスメールコミュニケーション講座head

営業先からの直帰を報告するメールの文例

ポイント
営業先から直帰する場合は、事務所に一本電話を入れた方が親切です。ただ、日常的にスケジュールが変わるような場合は、メールでも十分でしょう。メールを送ることで、事務所に戻ってこないのだなと安心できます。連絡がないまま戻らないと、失踪したいと思われる可能性もあります。報連相は、仕事の基本です。きちんと連絡を入れましょう。携帯電話番号が共有できている場合は、その都度書く必要はありません。相手が知らない可能性があるなら、書いた方が親切です。

本日営業先より直帰します

●●さん

お疲れ様です。山田です。

先ほどA社から、商品『○○』の不具合について
至急来社してほしいとの連絡がありました。

これからA社に向かいますので、本日は事務所に戻れないと思います。

また、打ち合わせが終わりましたら、
事務所に一報入れる予定です。

何かありましたら、私の携帯電話にメッセージを残してください。
打ち合わせ終了後に確認をいたします。

それでは、よろしくお願いいたします。


山田太郎

関連記事

スポンサーリンク

space