日本ビジネスメール協会のオンライン講座

結びの挨拶

定番の挨拶

よろしくお願いいたします。

通常はこの挨拶で問題ありません。あとは、状況に応じて選択しましょう。

引き続きよろしくお願いいたします。

メールのやり取りがまだ続くときに使用します。

今後ともよろしくお願いします。

メールのやり取りが一旦終了するときに使用します。

ご確認よろしくお願いいたします。

確認を促すときに、最後の挨拶でも念押しの意味も込めて使用します。

ご検討よろしくお願いいたします。

検討を促すときに、最後の挨拶でも念押しの意味も込めて使用します。

返信を促す結びの挨拶

それでは、ご連絡お待ちしております。

メールや電話など、手段を限定しない連絡を待つ際の結びの挨拶として使用します。

それでは、ご返信お待ちしております。

メールでの返信を促す際の結びの挨拶として使用します。

電話の予告を含めた結びの挨拶

後程こちらからお電話いたします。

引き続きよろしくお願いいたします。

このように電話をすることを予め伝えることで、自ら電話する際の心理的ハードルを下げる効果もあります。
また、相手としても、電話が来ることが分かっているので、いざ電話がなったときに身構えることもありません。

来週の月曜日のこちらからお電話させていただきます。

それでは、よろしくお願いいたします。

いつ電話するかを明確に伝えることで「いつ電話が来るんだろう」という不安感を軽減することができます。

一般の顧客向けの結びの挨拶

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

相手に対して、ずっとサポートをする姿勢を見せることで、安心感を与えます。

注意が必要な挨拶

取り急ぎ、ご連絡(ご案内、ご報告、ご返事)まで

「取り急ぎ」という挨拶を見かけることがあるが、取り急ぎとは「本来であれば、お目にかかってお話しするところですが」という意味が込められています。メールのあとに実際に電話をしたりあって説明をする場合は、「取り急ぎ」を使っても問題ありません。しかし、そのあとに連絡をしないのであれば雑な印象を与える可能性もあります。「取り急ぎ」という挨拶は使わない方が無難でしょう。

ご返信は不要です。

メールは相手が読んでいるかどうかが不確かなコミュニケーション手段です。返事がないから伝わっていると思い込み、そこから誤解が生まれる可能性もあります。また、返事をするかどうかは相手が決めるべきものです。送信者は気遣いから入れているかもしれませんが、返信する際に悩ませることもあるので、このような表現をあえて使う必要はありません。