ビジネスメールコミュニケーション講座head

役職名の誤りをお詫びするメールの文例

ポイント
相手の役職名が変更していたことに気づかず、 誤った役職名でメールを送ってしまった場合のお詫びです。 この文例はあくまで参考です。ご自分の言葉に置き換えて、 お詫びの気持ちが伝わるようにしないと、 かえって失礼にあたりますので注意しましょう。

(お詫び)お役職名について

株式会社●●●●
●●●●様

お世話になっております。
一般社団法人日本ビジネスメール協会の山田太郎です。

これまでの失礼をお詫びしたく、ご連絡いたしました。
●●様のお役職名を、●●ではなく●●と誤って記載しておりました。
大変失礼いたしました。

名刺交換をさせていただき、メールを何度も頂戴しているのにも関わらず、
私の確認が至らず本当に申し訳ございません。
本日、上司に指摘されて気付きました。

電話でお詫びをと思いましたが、
お忙しい●●様のお時間を頂戴するのも心苦しく、
失礼かとは思いましたがメールを送らせていただきました。

このようなことのないように、より一層注意してまいります。
このたびは大変失礼いたしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 山田 太郎(YAMADA Taro)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
電話 03-5577-3210 / FAX 03-5577-3238 / メール info@businessmail.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 https://businessmail.or.jp/
アイ・コミュニケーション公式サイト http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書 https://business-mail.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

スポンサーリンク

space