ビジネスメールコミュニケーション講座head

不在期間をお知らせするメールの文例

ポイント
不在になる場合は、不在の期間、不在中の連絡先を伝え、相手に安心感を持ってもらいましょう。また、病による不在など、理由の説明が必要な場合は、病名、病状はあまり詳しく伝える必要はありません。復帰予定日がわかっている場合は、見込みであっても伝えておくと親切です。

不在のお知らせ【7/18(木)~7/28(日)】

株式会社●●●●
●●●●様

お世話になっております。
一般社団法人日本ビジネスメール協会の山田太郎です。

長期のお休みをいただくことになりましたので、
事前にご連絡をさせていただきました。

私事で恐縮ですが、今月の後半に入院することになりました。

私の不在期間は、弊社の○○が担当させていただきます。
連絡先は以下となりますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------
不在期間:7/18(木)~7/28(日)

担当者:○○○○
Mail:****@example.jp
TEL:03-****-****
-------------------------------------

7月17日(水)までは通常通り出社します。
ご連絡の際は、私をCCに入れていただけますと幸いです。

7月29日(月)から問題なく職務に復帰できると
医師から言われておりますので、ご心配はなさらないでください。

○○様にご迷惑をおかけすることのないよう十分配慮いたします。
引き続きよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 山田 太郎(YAMADA Taro)
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1 KIMURA BUILDING 5階
電話 03-5577-3210 / FAX 03-5577-3238 / メール info@businessmail.or.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般社団法人日本ビジネスメール協会 https://businessmail.or.jp/
アイ・コミュニケーション公式サイト http://www.sc-p.jp/
ビジネスメールの教科書 https://business-mail.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

スポンサーリンク

space