ビジネスメールコミュニケーション講座head

ビジネスメールのスキルを高める社内制度

「ビジネスメールのスキルを高めたい」
「社員のレベルを継続して底上げしたい」

そのようなご要望をいただくことがあります。

私たちの研修に参加をしていただくと、確実にレベルは上がります
もともとのコミュニケーション力やPCスキルなどにも多少依存するところがあります。

入社1年目の人と10年目の人が参加をした場合、当然差が生まれます。
仕事に対する事前知識の差があるからです。

そのため、定着を確認するために、継続したフォローが必要なケースもあります。

段階的なスキルアップを確認するプラン(モデルケース)

ビジネスメールコミュニケーション講座(ベーシック編)
※座学で知識を確認
 ↓
ビジネスメール実務検定試験3級
※知識の習得度合いを試験で確認
 ↓
ビジネスメールコミュニケーション講座(実践ライティング編)
※実際に書いてもらい、できているかを確認。変な癖の矯正
 ↓
ビジネスメール実務検定試験2級
※12通のメールを書いてもらい、スピード&型のチェック

 ↓

3カ月に1回ほど訪問をして、実際のメールを見ながら研修を実施。
ワークショップ型の研修を想定。

社内制度としての利用

この取り組み自体を社内制度として活用し、メールのスキルの安定化を図ることもできます。

 

スポンサーリンク

space

カテゴリ
著者
平野友朗(アイ・コミュニケーション)

 ビジネスメールコミュニケーション講座

ページの先頭へ